dr関塾
個別指導進学の教師募集や応募

日記

塾のフランチャイズ化

dr関塾(ドクター)個別指導進学の教師募集や応募情報をご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/学習塾 より>

塾のフランチャイズ化
最近の一つの傾向は塾のフランチャイズ化である。塾のフランチャイズというものは過去には少なかったが、最近では独自のノウハウを提供し全国に拡大している。塾のフランチャイズは、経営者自身が指導する必要がないため誰でも塾を開くことができるが、生徒の指導は生徒の増減に応じ採用できるアルバイト講師まかせになる。

一部の大手フランチャイズ塾本部は、加盟金やロイヤリティーを集める事を目的として、加盟者に大きな利益が出るよう見せかけて教室数を拡大するケースがあり、加盟者はほとんど利益が出ず多額の加盟金等の資金がなかなか回収できないことから裁判沙汰になるケースもある[要出典]。

こういった小規模フランチャイズ塾が増える背景には少子化があげられる。一昔前の様に子供が多かった頃は各学年毎に数十人の生徒を集めることができたが、最近では少子化によりこれが難しくなった。そこで考え出されたのが、全学年・全科目を同時に行える個別指導や自習形式の塾である。

この形式ならば集団の生徒を指導できる専門の講師の必要もなく、集めやすいアルバイト講師による指導ができる。講師が全てアルバイトであれば煩雑な労務管理を避けることができ、経営者が素人であっても人事上でも特に問題がないからである。

ここ十数年来の不景気により脱サラなどのフランチャイズ希望者はいくらでもいるため、フランチャイザー側からは本部の経営リスクがほとんどなく一気に事業を拡大できるチャンスと捉えられている。

※ 全学年・全科目を同時に行うことは言い換えると、一人の講師が様々な学年・科目の授業を同時に担当することでもある。そのため、授業中は巡回しながら様々な学年・科目の指導に耐えうる知識と、担当する生徒に並行して対応する要領が求められる。その際、講師自身が専門としない科目の指導を担当することもある。このような塾では知識より「学び方」の指導を優先するが、全体の流れを熟知し担当する生徒に応じたペース配分ができるようになるまで、たとえ少人数でも講師にかかる負荷は大きい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36776922
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。